照明を買うならインテリア販売店にゴー|自分の好きな家具を購入

部屋

明かりを工夫して活用

ライト

電気料金を節約する工夫

かつては照明というと蛍光灯や電球での明かりが一般的でしたが、近年ではLEDを活用している照明器具が多く登場して話題を集めています。LEDによる照明器具は低消費電力による発光を行う事ができる照明器具で、近年では開発や改良が進んだことで蛍光灯の代わりとして置き換えが進んでいます。蛍光灯による照明は、蛍光灯が発光する時に一時的に強い電力を必要とする事に加えて、蛍光管の内部に電圧を加えて放電させます。一連の動作によって明るい光を照らす事ができているのですが、この動作にはある程度の電力を消費します。一方でLEDによる照明はほとんど電力消費を必要とせず、多くの消費電力を必要とせずに蛍光灯とほぼ同等の明かりを作り出す事ができるようになりました。LEDを活用すればするほど、蛍光灯と比較をして少ない電力消費で明るい経済的な照明活用をする事ができます。

間接的な癒やしの光

精神的に癒やしの作用を与えるために照明器具が活用される事があります。夜間に幻想的な光を見ると人間の心理が落ち着き、穏やかになると言われています。また壁に一度光を当てて、壁から反射した光を照明として活用する「間接照明」も近年注目を集める明かりとなっています。これは間接的に明かりを活用する事で光が直接に目に入りにくく、目を痛めにくいという理由があります。直接目に入ってくる様々な光は脳を刺激するため、脳が活性化してしまい安眠の妨げになるとも言われています。そのため、間接的に明かりを活用することによって夜に脳を活性化させず疲れをゆっくり取る工夫が、様々な施設や店舗などでされている事があります。間接的な明かりを活用した施設の例としては病院の病床などがあります。これは間接的に明かりを照らす事で患者さんの安眠を促す作用があります。